慣性ブレーキって、こうなってるんだ…

いつも応援ありがとうございます。
皆さまの応援を励みに頑張っております。
下の写真をポチっとおねがいします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ


 





トレーラー車検や飛竜丸の整備で、しばらく久留米のボートファクトリー コンフォートに入り浸っていました^^

そこでいろんなものを見聞きしながら、知識を高めているわけです。

釣りのこと、ロッドや仕掛けのこと、ボートやポイントの選び方など、この店に遊びに行けば、いやでも何かしら得るものがあります。ボート釣りに興味を持った方は、まず、一度訪れてみてください。

初心者だからと、軽く扱ったりは絶対しないお店ですから。きっと親切にしてくれるはずです。

今日は25f級のプレジャーボートをランチングして運ぶトレーラーのブレーキの話です。



トレーラーの車軸にディスク(ローター)やキャリパーが見えますね。



飛竜丸のボートトレーラーにはブレーキなんてついていません。せいぜい、パーキングするためのハンドブレーキだけです。



軽く600キロを超えるボートの運搬にはけん引免許が必要です。
トン級のトレーラーをけん引すれば、ものすごい慣性モーメントが発生するわけです。

この慣性ブレーキというのは、牽引する車が自分のブレーキを踏むと、当然後ろのボートトレーラーが前に押してくるわけです。そのままだと、制動距離も伸びますが、カーブを曲がっていれば、極端に不安定にもなる恐れがありますよね。




そこで、このような慣性で押してくるのを防止するために、トレーラーがトラクター(車ね)をプッシュしたときに、
トレーラ側に制動力を働かせるのが慣性ブレーキなんです。大型トレーラーは油圧制御でトラクターとともに制動しますが、ボートトレーラーの場合油圧連結して、万一油圧が漏れたら大変。鉄道車両のように長いものは、漏れても大丈夫なように無尽蔵に供給できる圧縮空気制御ですね。



ここで慣性モーメントを検出し、制動の指令を出すわけです。



私が引いているトレーラーのクラスでは想像もつかない世界です。

でもパーフェクター16飛竜丸は素晴らしく軽量なので、普通車トレーラーだと何の違和感もなく、高速コーナリングでも素直に追従します。これがストレス軽減に役立って気軽な釣行を可能にしているんです。

大きなボートだとたとえディーゼル車でけん引したとしても、それなりのストレスはあるものなんですよ。






いつも応援ありがとうございます。


いつも応援ありがとうございます。
皆さまの応援を励みに頑張っております。
下の写真をポチっとおねがいします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ




コメント

たかまろ

No title
勉強になります。
ビルジが貯まってたら、さらに強い力で不安定になる訳ですよね?

三国の釣り吉

No title
トレーラー、ブレーキあると
助かりますよね。
気持ち的に楽ですねぇ🎵

ホゴ丸

No title
大分方面に行くと急な坂や長い坂が続きます。
長い上りも嫌ですが長い下り坂はもっと嫌ですね。
だいぶ前、デリカスターワゴンに乗ってたころペーパーロックしたことがあり、車が変わったいまでもトレーラー牽引時はブレーキをよく踏むため気をつけてます。

htb**sjr*919

No title
> たかまろさんそうでしょうねー^^

飛竜丸も、ビルジはないものの、バラストタンクの海水抜き忘れしたら、ぐっと押してきますよ。

htb**sjr*919

No title
> 三国の釣り吉さんそうですよー^^;

シャンシャン走ってて、飛び出されたとき大丈夫なんかって、

たまにパニックブレーキかけてみてテストはしてるんですけど、

慣性ブレーキがあれば心強いところですね。

htb**sjr*919

No title
> ホゴ丸さん大分って、由布岳の峠を越えたら、日田通り過ぎて

夜明けダムまでゆるーい下り坂続きですもんね。

そうそう、13日は11時ごろ、日田の堀田病院まで行きますよ^^
非公開コメント

htbnssjr1919

美味しい魚を求めて主に長崎県平戸方面やホームグランドの佐賀県唐津市呼子で四季の釣りを楽しんでいます。

大物に執着は無いけれど(ウソウソ! )ガソリン代1日千円で楽しめる軽量16F トレーラブルボートの楽しさを発信しています。

自分が釣行して釣ったような気持ちになっていただけるように、おバカな記事を動画を交えてアップしてゆきます。ときどき、ずっこけ記事もありますが応援してください^^;

リタイアも近いので、遊漁船業立ち上げ準備中です。その節は遊びに来てください!
m(__)m
https://htbnssjr1919.blog.fc2.com/

月別アーカイブ