初公開!飛竜丸のコマセビシ釣りメソッド!

いつも応援ありがとうございます。
皆さまの応援を励みに頑張っております。
下の写真をポチっとおねがいします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ




のときに、いつものように動画を撮影しながら2匹がりゃんこで釣れた時にカメラを止めたと思い込んだのですがそのまま回り続けていました^^;

気が付いてるなら偉そうになんかしゃべってたと思います。

偶然のなせる業なのですが、飛竜丸が得意とする、スパンカーとデッドスロー装置を駆使したパーフェクターならではのコマセビシの釣り方が詳細に記録されています。

このコマセビシ真鯛釣法はもともと九州では普及していなかったものなのですが、わが師匠である小野信昭氏が2回九州においでになった時の直伝に、私なりの工夫を加えたものです。

スパンカーと、デッドスロー装置を使って、潮の流れにコマセと仕掛けをシンクロ(同調)させて、道糸を垂直に立てて釣る方法です。

この日は潮が流れる方向と、風の方向が一致していたため、スパンカーの開度を調整して、©潮の速さに合わせ、風に押されています。

冬イサキは居着きですのでピンポイントの限られた瀬についています。

コマセビシと仕掛けを下して、コマセを振り出し、コマセの煙幕に仕掛けを入れた状態でポイント上を流すのが肝なんです。そのためには糸を立てるのが必須条件です。流されながらも糸が立っているところをご覧ください。

このように何回も激しく潮上がりしながらやっているんです。スパンカーのいいところは風上にまっすぐ立つので、流された後、前進するだけで素早くポイントに戻れるところです。プレジャー艇に乗り換えてかえって釣果が落ちたという人もいますが、どてら流しだと横を向いてしまうので、元の場所に向かうのが難しくなるんです。



(一流し目で当たりがないと、ため息がでとるな~ 
 まじめにやれよー)

長い間延びした動画ですみません^^;本人が気が付いてないものですから。

でもまあ、かっこ悪いんですけど、コマセビシ釣りのコツが良くとらえられていますので、参考になさってください。

この日は4.5Mの3本針仕掛けだったのですが、先にビシを投入して、あとから3本の針を丁寧に送り込んでいるのが分かりますか?これはもつれるのを防止するためと、もう一つ大事な意味があるんです。

コマセ釣はオキアミの付け餌の状態が釣果を左右するんです。

だから、慎重に針につけるオキアミを選別しているでしょ。

3本針の一番先っちょの針にはオキアミを2匹掛けします。

水の抵抗を大きくして、ハリスを伸ばすためなんです。

せっかく付けたいい状態の沖アミを勢いよく水面に没すると、頭や目…もっと悪ければ身が半分なくなりますので、ゆっくり水面下に入れてやることが大事です。

それともう一つは、この釣りの場合、プロペラが回りっぱなしなので、ペラにまかないためですね。
10Mの長ハリス1本針で真鯛を狙うときには、付け餌をつけた針から先に遠くへ投げてからビシを下します。

沈下させて棚を決めたらハリスがどちらに向くか数秒間落ち着きを待ってからコマセを振り出したり、
数メートル巻きあげて、コマセゾーンを作るわけです。

この日の釣果(再掲)







冬イサキ美味いですよ^^釣果が渋い冬の釣りにぜひ試してくださいまし。

おいしい魚が釣れます。へたくそなぶつ切り刺身でも^^




ブログランキングへのお帰りはこちらです。ありがとうございました^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 

 






コメント

sammy

No title
スパンカー流しの極意 深海にも使えますよ!!

鯵やイサキや青物や烏賊にも

しかし よく 研究されていますね♪

流石ですね♪

pf1**963

No title
動画からあたかも自分が釣りしている気分になりましたよ!「お~来た来た」ってね(*^^*)流し釣りばかりでアンカー釣りはご無沙汰してます。ほんと釣れそうな海ですね♪

ヒマ人

No title
冬のイサキはあぶらが乗っているので美味

食べたい(*^_^*)

かずます

No title
すばらしいですね🎵
冬イサキおいしいでしょう🎵
食べてみたいです。

釣孝丸

No title
流石!スパンカーとデッドスローの達人。

それに三種盛の刺身も美味しかったでしょう。

第二嵐丸

No title
スパンカー便利ですよね~ですから私アンカーリング超下手です(爆)
でも最近スパンカー使う釣りしてませんね~。

北遊人

No title
こちらの黒ソイの釣りでも、エサの付け方と投入の丁寧さで釣果が全く違ってきます。
やはり考え抜いた丁寧な釣り方が釣果に比例するようですね。

まんたろう

No title
勉強になります!ドテラ流しばかりなので進化しないとと痛感です。

五目漁師

No title
釣りそのものよりもボートの流し方が肝のようですね。
それにしても一回の投入で随分流れていますね。

このスピードで流れると手漕ぎではもう元には戻れません。
手漕ぎの場合はアンカリングが肝になります。

htb**sjr*919

No title
> sammyさんこちらは遊漁船で2時間沖まで走っても水深100Mしかないんです。いわゆる200~300の深海を知りません。うらやましいなーって思いますよ。

本物のアコウダイ釣ってみたいです^^

深ければほんとにピンポイントなんでしょうね。

htb**sjr*919

No title
> pf1**963トモゾーさん我々パーフェクター乗りがやってることはほとんど一緒ですよね^^

そんなにつれそうな海ではないんですよ~やいやい^^

冬場はボンズと背中合わせです。

htb**sjr*919

No title
> ヒマ人さん全くです。昔は神経締めしてなかったのですが、

神経締めの後のその日刺身はコリコリで格別です。

醤油が良くなったので、実にうまいです。

htb**sjr*919

No title
> かずますさん今年のはそれほどでもないのですが例年皮を引くと

脂肪の白い膜が身を覆っていて、実にうまいですよ。

htb**sjr*919

No title
> 釣孝丸さんここのところ刺身に飢えていたんで、ぱぁ~~~っと^^

贅沢な三種盛です。近場でも丹念に狙えば、冬の幸ゲットできますよ。

htb**sjr*919

No title
> 第二嵐丸さんは走りながらの釣りの達人ですから^^

最近は潜行板やツバメを使わないで、ビショマ一本引きなんですか?

htb**sjr*919

No title
> 北遊人さんエサ釣はエサの選び方、付け方、仕掛けの捌きの三つが

釣果を大きく左右しますね。オキアミが最後までぷりぷりになるように、解凍にも気を使います^^

今度このオキアミでカレイでも釣ってみましょう。

htb**sjr*919

No title
> まんたろうさんどてらでも、潮が緩んだ時に集中すればよく釣れるんですよ。端的に言えば、漁礁のようなところが外れなしの鉄板ですね^^

htb**sjr*919

No title
> 五目漁師さん私の場合、ボートが「能動的な浮き」になりきっての

釣りスタイルです。潮上がりが忙しく半端ではないです^^;

手漕ぎではこんなことできませんから、アンカリングしてのライトタックルウイリー釣りがベストでしょう。

カワハギや鯵も同時に狙えますし。

天海船長

No title
勉強になります (>Д<)ゝ

htb**sjr*919

No title
> 天海船長さんおはようさんです。お忙しそうですね^^
非公開コメント

htbnssjr1919

美味しい魚を求めて主に長崎県平戸方面やホームグランドの佐賀県唐津市呼子で四季の釣りを楽しんでいます。

大物に執着は無いけれど(ウソウソ! )ガソリン代1日千円で楽しめる軽量16F トレーラブルボートの楽しさを発信しています。

自分が釣行して釣ったような気持ちになっていただけるように、おバカな記事を動画を交えてアップしてゆきます。ときどき、ずっこけ記事もありますが応援してください^^;

リタイアも近いので、遊漁船業立ち上げ準備中です。その節は遊びに来てください!
m(__)m
https://htbnssjr1919.blog.fc2.com/

月別アーカイブ