漂流!???やだよーそんなの…

いつも応援ありがとうございます。
皆さまの応援を励みに頑張っております。
下の写真をポチっとおねがいします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ





こんないい日に出撃しないで、いつ出るの…?っていうくらいの天気の良い休日…
先日、大鯛を釣ってしまったので、冷蔵庫には特大のサクが残ってます。
なんかこう、特大の大物を釣ると、「おなか一杯」といいましょうか、また釣りに行きたいという欲望が萎えます^^;

そんなとき、例によってコンフォートにお邪魔しました。



憧れますねーこの船艇…かつての名艇、トーハツのマーヴェラス
どのお客さんのかは存じませんが、大切にきれいに使われています。



このお客さんはスズキのホワイトエンジンンにこだわって載せ替えられてますね。



オリゾンさんのエンジンンも、まっさらに近いエンジンに積み替えです。



この名艇の名をほしいままにしたかつての船体・・・もうとっくに生産中止になっているにもかかわらず、
コンフォート親父殿がかけあって、5艇の限定生産にこぎつけました。熱血ですね^^

これがいまなら新艇で手に入るんですよ!またとないチャンスですね。憧れます。

そうこうしながら、店の中をいろいろ見ていると、いいもの発見♪



分割式ステンレスパイプ製のオールを発見!
かつて、パーフェクター13に乗っていた時代に、一度だけエンジントラブルに見舞われ、
積載していたオールでPやんを漕いだことがあります。

今のパーフェクター16は新品から使っている信頼するスズキ4スト15馬力なのですが、
先日浮遊物にペラをヒットして、危うく肝を冷やしました。

エンジンが大丈夫でも、もしも、ほかの理由で航行不能になった時っていう場合があることを改めて知りました。
補機を積むのはトランサム強度が必要だし、コストや、メンテナンスフィーもかかります。

もし、オールを積んでいれば、最悪、朝鮮半島まで流されることだけは免れることができる…
漂流なんて、こっぱずかしいし^^;

しかし、センターコンソール仕様のボート、どこに座ってオールを漕ぐのか!?



前回、釣孝丸さんとタンデムしたときにセットした前席の椅子…ここに座って漕げば、
漕げるのではないか…やってみると、バッチシいけます!

僕よりはるかに年上の「五目漁師さん」を見習って、手漕ぎで頑張るぞ!・・嘘嘘^^;

オールでなんか岸にたどり着けないだろう…とお考えの方も多いでしょうが、
海水浴場でよく起こる「離岸流」に吸い出される場合を考えてください。

元いた場所に戻ろうと逆らうと、体力を消耗して、溺れますが、

岸と平行に泳いで、離岸流域を離脱すれば、少し離れた砂浜にたどり着ける理屈です。



さっそく、湘南高圧タンクの藤山社長に相談すると、クラッチ受け金具を作ってくださいました。



しっかりできていますね。さすがです。



私のリーチに合わせて、取り付け完了。

懐かしい手漕ぎ…なんせ手漕ぎ時代が長いもんで^^;

さて、どれだけオールで進むものやら楽しみです。後日報告しますね。

ブログランキングへのお帰りはこちらです。ありがとうございました^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ







コメント

海釣り専門

No title
手漕ぎで波戸岬の三角波を挑戦してみては(笑)
最近は海水浴場から2馬力のゴムボート多くなってますよ~
波にのまれるんやないかと目が離せませんよ~

otuu

No title
あら、手漕ぎ。 飛竜丸さんもカヤックにしましたか(笑

カヤックだとメンテ要らずでらくちんですが
肉体のメンテが大変です^^;

pf1**963

No title
補機を積んでいても、いまだにオールも積んでま~す。心配性なんで!でもこのくらしないと落ち着かなくてね(^^;

サバニ参号

No title
万が一に備えるのは大事です。弐号の時、浮かべた後にハンドル固着に気が付いて・・・
オールが無かったんでスロープから僅か数メートルで恐怖でした(汗)

天海船長

No title
去年DAIWA号で漂流しそうになりましたヾ(; ̄w ̄Aアセアセ
排気管の穴あきでした・・・
天海はロートルなんで漂流が心配です^^;

釣道楽

No title
沖でのエンジントラブルが一番怖いですよねぇ~
僕はスマホの予備バッテリーを積んでいます
それだけが命綱です(笑)

フェアリ

No title
オール欲しいぃ~バドルを積んでます(笑)やはり軽いアルミが良いのかなぁ~(*^_^*)

釣孝丸

No title
ん~その場所で漕ぐんだったら私が(笑)

腕力つけときます(爆)

htb**sjr*919

No title
> sal*f*shin*12*8さん、確かにあの激流では歯が立たんけどね。

それでも何とか呼子に逃げ込めるやろ。

動力あっても、最終手段はもっときますよ。

htb**sjr*919

No title
> otuuさん、体なまってるんで、まず腕立て伏せから始めないと^^;

カヤックのように波切ようないから、3倍漕がないとですね。

htb**sjr*919

No title
> pf1**963さん、それはいい心がけです。

補機自体もたまーに回すと、元気かどうかわかりませんもんね。

それに木のオールは船をひっくり返すときの必需品です。

htb**sjr*919

No title
> サバニ零号さん、エンジンやなんかの異常は乗り出してすぐに

気が付くことが多いですからね。長めのボートフック一つでも違うでしょうね。

htb**sjr*919

No title
> 天海船長さん、短い漂流2回ほど経験しましたから、

その怖さは骨身にしみてます。

htb**sjr*919

No title
> 釣道楽さん、確かにそれが命綱ですね。

気温が上がると電池の消耗が速くなりますからね。

あと、防水も。一回いけすに落としてぽしゃりました^^;

htb**sjr*919

No title
> フェアリさん、木のオールやパドルがベストですよ。

ゴムボ時代に指ケガして、自分の血でぬるぬる滑って、

アルミのオールは漕げませんでしたよ。

htb**sjr*919

No title
> 釣孝丸さんが漕いだら、5馬力並でしょう^^

FF飛竜丸の誕生です。一人で漂流は仕方ないけど、だれか乗せたときはやですよ。
非公開コメント

htbnssjr1919

美味しい魚を求めて主に長崎県平戸方面やホームグランドの佐賀県唐津市呼子で四季の釣りを楽しんでいます。

大物に執着は無いけれど(ウソウソ! )ガソリン代1日千円で楽しめる軽量16F トレーラブルボートの楽しさを発信しています。

自分が釣行して釣ったような気持ちになっていただけるように、おバカな記事を動画を交えてアップしてゆきます。ときどき、ずっこけ記事もありますが応援してください^^;

リタイアも近いので、遊漁船業立ち上げ準備中です。その節は遊びに来てください!
m(__)m
https://htbnssjr1919.blog.fc2.com/

月別アーカイブ