スモールボートの曳き波のかわし方

いつも応援ありがとうございます。
皆さまの応援を励みに頑張っております。
下の写真をポチっとおねがいします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 

 

 
 
 
今日は、スモールボートにとって、結構深刻なシチュエーションとなる、「曳波のかわし方」について・・・
スモールボートの場合、船体が軽く、波に対する強さの指標となる水線長(水面に没した部分の船体の長さ)が短いので、曳き波パンチを受けると、深刻なダメージを受けやすくなります。
 
でも、曳波に襲われてもパニックになることはかえってよくありません。
落ち着いて、基本動作を守れば、大丈夫ですよ^^
 

 
前回の呼子の巨大イカ(風力、海流のハイブリット発電装置)の影響で、貨物船航路が極端に変わり、予想外の迂回をしてきたので、至近距離で曳波を受けることになりました^^;
 
ブリッジに対して(貨物船の艦橋・・操舵室ね)こちらが見えているか、手を挙げて合図し、貨物船が明確に舵を切って、避航したので、私は現在の位置を動かずに、保つことにしました。
 

 
この船はクレーンを積んだ重機船のため、喫水が深いので、相当に強い曳き波を作りそうです。
魚を満載した魚運搬船や、カツオ漁船などは普通の貨物船より、強烈な曳き波を作ります。
 
 
貨物船のエンジン音がすぐ近くを通り、強烈な曳き波を生じさせます。
 
普通の軽いミニボートならば、吹っ飛ばされる規模ですが、船首船底に70キロのバラスト海水を入れた
パーフェクター16は波を切り裂き、船首が振られることもなく、
スパンカーによる保針性と、推力を保って難なく超えることができました。
 
スモールボートが曳波に対処するには、波に対して直角に向かうのではなく、
約30度くらい斜めに待った方がいいような気がします。
 
理由は、波を超えた直後、船首が下を向いて滑り台状態になり、
船首が次の波に突き刺さるのを避けるためです。
また、横波にならないように、40度以上横を向かないようにしましょう。
 
少しだけ推力も保ち、船首をはじかれても、立て直せるようにすれば安全に超えられます。
 
ブログランキングへのお帰りはこちらです。ありがとうございました^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 

 

コメント

北遊人

No title
ブログを読んでいると、心臓に悪いですね。
波間に落ちる遊漁船で逃げ帰った記憶がよみがえりました。

憲政丸

No title
私も以前若松の両サイドが護岸された航路でタグボートから追い越された時の引き波&岸壁からの跳ね返り波で肝を冷やしました^^:
私は漁船などがなかなか進路を変えないときはエンジンを掛けていつでも動けるようにしています。

ノリ爆釣号

No title
曳き波怖いですよね~
衝突はもっとこわいけどf^_^;
船が多いのでいつもキョロキョロしてます(笑)

マリン・ブルー

No title
魚が釣れてファイトしている時だとどうするの?

htb**sjr*919

No title
> 北遊人さん,遊漁船は沖まで行きますから、3階から打ち下ろすような波の中帰ってきたことが私もあります。

あの時は怖かったです。

htb**sjr*919

No title
> 憲政丸さん、それが大事ですね。

あわてて走り出すと、後方から船が来ることもありますから、

常に周囲を見張りしないとですね^^;

htb**sjr*919

No title
> ノリ爆釣号さん、あしたよろしく^^

爆釣号ならなんともないとは思いますが、私らのような軽量級は

曳波パンチに注意しないとね。

関門海峡に行ったらノリさんでもはじかれるよ^^

htb**sjr*919

No title
> マリン・ブルーさん、私のお仲間が、漁船にぶつけられた時がまさにそれで、海に飛び込んでも、ロッドを離さなかったそうな…爆!

見上げた根性でしょ^^;

五目漁師

No title
伊東には引き波を起こすために造られたような
遊覧船が頻繁にボートの傍を下手くそな歌を歌いながら航行します。

アンカリングしているボートは引き波の方向とは全く無関係に浮かんでいますので
スターンから水を被ることもあります。

こっちも勝手に釣りをしているので近くを通るなとは言いませんが
あれじゃ燃費も悪いだろうし、もう少しまともの船で走って欲しいです。

htb**sjr*919

No title
> 五目漁師さんの近くを歌うたいながら走るとは不遜ですね^^;

ま~じめにやれよ~

確かに引き波はいろんな方向から音もなく押し寄せますから、厄介ですよ。
非公開コメント

htbnssjr1919

美味しい魚を求めて主に長崎県平戸方面やホームグランドの佐賀県唐津市呼子で四季の釣りを楽しんでいます。

大物に執着は無いけれど(ウソウソ! )ガソリン代1日千円で楽しめる軽量16F トレーラブルボートの楽しさを発信しています。

自分が釣行して釣ったような気持ちになっていただけるように、おバカな記事を動画を交えてアップしてゆきます。ときどき、ずっこけ記事もありますが応援してください^^;

リタイアも近いので、遊漁船業立ち上げ準備中です。その節は遊びに来てください!
m(__)m
https://htbnssjr1919.blog.fc2.com/

月別アーカイブ