【実戦的タイラバ応用編】

いつも応援ありがとうございます。
皆さまの応援を励みに頑張っております。
下の写真をポチっとおねがいします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 

 

 
タイラバという釣り方が世に出てから、初心者や女性、子供でも、しかるべき海域でタイラバを落っことし、
巻き巻きすれば、あーら不思議!どなたでも、いとも簡単に大鯛を手にすることができるようになりました。
ほんの5年くらい前までは10Mハリスを使って、技術と経験を要し、苦労したものです。
 
ゆえに、昔の漁師は鯛を日に3枚も釣れば左団扇の生活ができたそうです。
 
呼子の漁師が昔から使っていた「ビショマ鯛玉」私も持っていますが、これはビシを打ったヨマ(練り糸)の先に、鯛玉とひらひらをつけ、活きエビをつけて釣る漁法で、青物、真鯛、ヒラメ・・・何でもよく釣れます。
 
餌のエビがなくとも食いつくことを、漁師は昔から経験的に知っていました。
これをルアーフィッシングに持ち込んで完成されたのが画期的なタイラバ釣法となったわけです。
 
怪しく光る玉々が好きなのか、スカートのもじゃもじゃ感が好きなのか、ネクタイのひらひら感にうっとりするのか、真鯛くんに聞いてみないとよくわかりませんが・・・・。
 
今回は「実戦的なタイラバ応用編」として・・・世の中にたくさんいらっしゃるタイラバ博士からは笑われそうですが、私流のことを・・・先日参加した「海の駅 伊万里ルアーフィッシング大会」でのこと。
 
お馬鹿な飛竜丸は家にタックルボックスを忘れて取りに帰ったため、2時間ロストしてしまいました。
あっかーん!・・・やってもうた!http://blogs.yahoo.co.jp/htbnssjr1919/48296631.html
 
わずかな実釣時間で追いつかなくてはなりません。
この日は大荒れで、伊万里湾の出口付近まで出るのがやっと。
深い澪筋のような海溝上に強風の中、スパンカーとデッドスローを効かせてホバリングしながら、必ず通ると信じた場所で、鯛の魚群を待ちました。湾内に近いので、エソとシロサバフグの猛攻を受けながら…
小鯛がかかり始めて、群れが近づき、時合に入ると確信しましたが、フグにネクタイをかじられます。
 
大量の予備を持っていたので、付け替えてもいいのですが、時合は一瞬です。
そこでとった手は…
 

 

 
そう、短い針の方に、切れかけたネクタイをちぎって、縫い刺したんです。
 

 

一緒にペアを組んでいたサバニ零号船長にも見てもらいました。
それから、夜光シールは水深50M以上では効果抜群。目立って何ぼです。
 
このような臨機応変な対応が、秋の海、シロサバフグがわく中での釣りには重要なのです。
既製品買って、フグにかじられるとショックですよね。予備のネクタイだけを持っていくのです。
 
「いまり海の駅 ルアーフィッシング大会結果発表」http://blogs.yahoo.co.jp/htbnssjr1919/48298433.html
 
この時の鯛はこうして釣れました。
一般的な常識にとらわれず、ネクタイがちぎれたら、針に刺せばいいだけのこと。
極端な場合、ネクタイなしでも十分に釣れるんですよ。(それは次回にね)
 
ブログランキングへのお帰りはこちらです。ありがとうございました^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメント

フェアリ

No title
ナイスですね~_φ(・_・_φ(・_・

頭に記録メモします(笑)
あぁ~三連休、台風に邪魔され身動きとれず~…>_<…

釣孝丸

No title
飛竜丸さん

お見事です。
この応急対応が出来てこそトーナメントを制す技なんですよね。

一瞬の時合を見逃さず
あの真鯛が釣れたと思います。 拍手です。

北遊人

No title
こちらの船釣りでも、昨年鯛ラバで大型の黒ソイを釣っている方がいました。
私はエサ釣りでしたが、数はエサ釣りでしたが、型は鯛ラバが良かったですね。

htb**sjr*919

No title
フェアリ船長、おいらも12,13日はとっておいたんですが、

見事にストライクでしたね。

時速15キロですから厄介ですね。気をつけてください。

htb**sjr*919

No title
釣孝丸さんはホントに磯からクエから何でもやってこられたんですね。ひと財産つぎ込んだでしょう^^

玄人だなーと思いましたよ。

htb**sjr*919

No title
北遊人さん、タイラバのいいところは小魚が来ないところです。

飯蛸を一口で飲んでしまうクラスの魚がかかりますから、

ソイなどには特に有効です。

五目漁師

No title
飛竜丸さん、先ず一行目の“しかるべき海域”
これですね、これがなかなか見つかりません。

川奈や観音崎でたまに見かけるのですがいい話がなかなか聞けないです。

いつも忍ばせてはいるんですが、昨年簡単に2つを根がかりでロスして以来
簡単には落とせなくなっています。
寸止め作戦がいいかも知れないですね。
今年中になんとか一尾は上げたいです。

htb**sjr*919

No title
五目漁師さん、水深40M以上で、潮通しが良い場所なら

いそうなものです。

季節によってはもっと浅場にいて、えっ!こんなところで?

っていうのもそちらの方面の仲間から情報を頂いてます。

ロストは気にしないでください。

今回また大量に生産しましたから。
非公開コメント

htbnssjr1919

美味しい魚を求めて主に長崎県平戸方面やホームグランドの佐賀県唐津市呼子で四季の釣りを楽しんでいます。

大物に執着は無いけれど(ウソウソ! )ガソリン代1日千円で楽しめる軽量16F トレーラブルボートの楽しさを発信しています。

自分が釣行して釣ったような気持ちになっていただけるように、おバカな記事を動画を交えてアップしてゆきます。ときどき、ずっこけ記事もありますが応援してください^^;

リタイアも近いので、遊漁船業立ち上げ準備中です。その節は遊びに来てください!
m(__)m
https://htbnssjr1919.blog.fc2.com/

月別アーカイブ