フグの季節 「てっさ」いいですね^^;

いつも応援ありがとうございます。
皆さまの応援を励みに頑張っております。
下の写真をポチっとおねがいします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 

 

 
 
フグの季節と言っても、食べるときの旬としてはまだ先なのですが、
今頃からこいつらがタイラバに盛んに食いついてくるんですよね。
 
とらふぐってほんとに美味い魚。
たまに釣れたりしますが、素人の料理なんて厳禁です!
 
山口県下関市の唐戸市場がとらふぐ水揚げナンバーワン。
そのせいか、やはり大阪の方がとらふぐに目がないように思います。
 

 
関西では「てっちり」(とらふぐのなべ)、「てっさ」(とらふぐの薄造り)が盛ん。
フグ毒を鉄砲に例えて鉄砲のちり鍋、鉄砲の刺身という意味でつけられた料理名。なるほどなと思います。
 
九州長崎、島原方面ではとらふぐ料理を「がんば」と呼びます。
がん=棺(棺桶)ば用意してから食べるという意味。
 
命がけで昔の人はフグを食ったんでしょうね。フグ毒は熱でも分解しませんから、絶対釣ったフグを
素人料理してはいけません。毒がないと言われるシロサバフグも非常によく似たドクサバフグが混じることが
あります。ドクサバフグの特徴というか違いは、は頭の上のザラザラが背びれまで続いているそうです。
くれぐれも事故に遭われませんように、皆々がた!素人料理は禁物ですぞ^^;
 
ブログランキングへのお帰りはこちらです。ありがとうございました^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 
 
 
 

コメント

憲政丸

No title
昔は心無い釣り人が捨てたフグの干からびた死骸を堤防などで良く見ましたが最近は皆草フグをキープしています。それどころか狙っています(驚)
「フグは食いたし命は惜しい」ですね!!

ねむねむ

No title
土に首まで埋められないようにしてくらはい!ww

htb**sjr*919

No title
憲政丸さん、草フグ・・・・昔はそうでしたね。

鳥だって見向きもしないし賢いな^^

あいつは難しい魚なので持ち帰らん方がよか気がしますが…

htb**sjr*919

No title
ねむねむさんこんにちは、土着療法でその話ありましたね^^;

なんで土中に埋めるのかようわからんかったですが。

致死量に達したらもうどうしようもないでしょうから。

五目漁師

No title
伊東でもシロサバフグの25~30cmが秋になると湧いてきます。
私は常に竿を手に持っていますので釣ってしまいますが、
置き竿の人は次々にハリスを切られてしまいます。

故郷の舞鶴ではシロサバフグをサンキューと呼び、
昔はよく食べました。

この無毒のフグも含めて無免許では料理ができないことになっているんですね。
無毒かどうかわからないですもんね。

アンパパ

No title
錦江湾で、たまに大型のトラふぐが釣れますよ。冬場はてっちりに〆の雑炊が最高です。

htb**sjr*919

No title
五目漁師さん、昔は親父もフツーにシロサバフグをさばいて

食ってましたし私も食べていました。

温暖化で、南方系のドクサバフグが上がってきたようです。

見た目はほとんど変わらいから厄介ですね^^;

そのうち毒を獲得したカンパチも釣れるようになるでしょう。

htb**sjr*919

No title
アンパパさん、錦江湾の湾口はすごいのが釣れてるようですね。

ほかにも5キロ以上のマハタなんかタイラバで平気で釣れてるからびっくりです。
非公開コメント

htbnssjr1919

美味しい魚を求めて主に長崎県平戸方面やホームグランドの佐賀県唐津市呼子で四季の釣りを楽しんでいます。

大物に執着は無いけれど(ウソウソ! )ガソリン代1日千円で楽しめる軽量16F トレーラブルボートの楽しさを発信しています。

自分が釣行して釣ったような気持ちになっていただけるように、おバカな記事を動画を交えてアップしてゆきます。ときどき、ずっこけ記事もありますが応援してください^^;

リタイアも近いので、遊漁船業立ち上げ準備中です。その節は遊びに来てください!
m(__)m
https://htbnssjr1919.blog.fc2.com/

月別アーカイブ