素晴らしい器の世界!懐かしい有田へ

いつも応援ありがとうございます。
皆さまの応援を励みに頑張っております。
下の写真をポチっとおねがいします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 

 

 
 
 
 
かつて、約20年前は有田の隣町、ハウステンボスで開発したホテルで働いていましたので、
有田はしょっちゅう行っていた街なのです。苦しいプロジェクトを一緒に戦った仲間は◯衛門さんの御身内でした^^
香蘭社様にも目をかけていただいて、(気をつけ!!)天皇陛下もご臨席賜ったという奥の間も見せていただいたことがあります。(やすめ!)
 

 
こちらの方は、八戸窯(やえがま)の練り上げ技法で有名な、西岡孝子さん。
とても手のかかる複雑な技法なのですが、その何とも言えない複雑な味のある模様が素晴らしいんです。
 

 
とても味わいがある色味と模様の数々…少し紹介させてくださいね。
 

 
これは、器を作り出した時の「しっぽ」にあたるものを、箸置きにしたもの。
原理はとても複雑な金太郎あめなんです。しかし、色がなじむまでには数ヶ月寝かせる必要がある難しい技。
 
練り上げ技法はこのようなものです。
 

 

ですので、磁器や陶器の表面に、絵付けするのではなく、複雑な金太郎あめ技法によっていますので、模様が器の内外で貫通しているのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
素敵な風合いでしょう?
 

 
この赤い模様は水盆の金魚を表現したものです。
 

 

 
タイルを思わせる陶板ですね。
 

 
惚れました・・・・思わず、左側のマグカップをお買い上げ!^^;
 
とても懐かしく、多分、西岡さんともそのころ何度かお会いしていたような気がするんです。
 
次回は少し男性的で超レアな「有田ブラック」他についてレポートしますね。
 
 
ブログランキングへのお帰りはこちらです。ありがとうございました^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 
 
 
 
 
 
 

コメント

tommy

No title
好い器で食事をすると美味さは倍増しますよね~!
でも、高くて手が出ないのが難点です!(笑)

Naoko

No title
子どもの頃佐賀に住んでいたので有田焼は身近で、そして今も好きです。家の器は圧倒的に有田焼が多いです。
が、こちらのは初めて拝見しました。
なにか神業に近い感じです。使うほど味わいが増すような器ですね~。いいものをまた知りました。

pf1**963

No title
器で味も引き立つんですよね~♪
こんな僕にもわかりますよ(^^)

五目漁師

No title
有田にあって、所謂有田焼じゃないんですね。
モダンでありながらより日常的な感じがします。

伊万里焼、唐津焼、有名な焼き物多いですね。

飛竜丸さん、マグカップはいいですが
真鯛の煮つけを盛るような大きいのを一つ買ちゃってください。
後ろの方にいいのがありますよ。

アリス

No title
こんばんは。
美しい陶芸と雄々しい陶芸がありますね。

htb**sjr*919

No title
tommyさんこんばんは。

奥さんはお料理上手な方だから、有田陶器市に来られたら、

たくさん手が出るでしょうね。

有田の岩山のてっぺんにコバルトブルーの池がありまして、

そこの鯉を洗いにすると絶品ですよ^^

htb**sjr*919

No title
Naoko様こんばんは。お久しぶりです。

博多駅にイルミネーションがともるたびに、

恐る恐るおたずねした時のことを思い出します。

今年も素敵に輝いていますよ^^

htb**sjr*919

No title
トモゾーさんは感性の人だからなー^^

器というのは魅せられますね。

いい器に盛ったら、下手な刺身もおいしく見えます やいやい

htb**sjr*919

No title
五目漁師さん、所謂有田焼じゃない→有田は磁器の街ですから本来は

陶器はほとんどないのです。

伊万里焼と申しますのは、昔、有田で焼いた美術品の壺などを、

伊万里港で薦被りに梱包して船積みしヨーロッパに輸出され、

現代のオルセー美術館などに展示されているものを「古伊万里」

と呼びます。

唐津焼は薄茶色の陶器で、その風合いを愛されていますね。

唐津のブログとも陶芸家に「玄界灘」という名の陶板を頂きました。

これなら大鯛一匹丸ごと盛れます。

htb**sjr*919

No title
Alice船長、そうなんですよね。

明日くらいに、男性的で、雄々しい「有田ブラック」を紹介します。

明石発 つりとも

No title
昨年定年してからパチンコ三昧してた親父が
少し前から陶芸教室に通ってるみたいです
なにやら20人ぐらい生徒がいて、男は 親父だけみたいです^^爆
相当楽しいらしく週に2回も行ってますヽ(^o^)丿汗爆

htb**sjr*919

No title
つりともさん恐れ入ります!^^

つりともさんのおやじ殿ならさぞや豪快な方でしょうに、

焼き物の道に入られましたか^^

いやいや、男なら豪快に、女なら美人道を極めて来られた方こそ、

陶芸が楽しいみたいですよ、某県の知事の娘さんで、

55歳過ぎてもミニスカートがよく似合う方も、テニス止めて

焼き物の道に入られました^^;
非公開コメント

htbnssjr1919

美味しい魚を求めて主に長崎県平戸方面やホームグランドの佐賀県唐津市呼子で四季の釣りを楽しんでいます。

大物に執着は無いけれど(ウソウソ! )ガソリン代1日千円で楽しめる軽量16F トレーラブルボートの楽しさを発信しています。

自分が釣行して釣ったような気持ちになっていただけるように、おバカな記事を動画を交えてアップしてゆきます。ときどき、ずっこけ記事もありますが応援してください^^;

リタイアも近いので、遊漁船業立ち上げ準備中です。その節は遊びに来てください!
m(__)m
https://htbnssjr1919.blog.fc2.com/

月別アーカイブ