SUSでキールをガード

いつも応援ありがとうございます。
皆さまの応援を励みに頑張っております。
下の写真をポチっとおねがいします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 

 

 
 
休日出勤もしてますが、さすがに日曜日は休養を取りました^^;
焦ったからって、気合でなることと、ならんことがありますからね。
雨の日曜日・・・ゆっくり朝寝をして英気を養いました。
 

 
さて、時間がもったいない。
 
何か有意義なことをしなければ…雨も降ってるし、どうするか…
 
ボートを保管しているガレージ内でできること・・・艤装・・・
 
神奈川に新艇を取りに行ったとき、親父さんがくれた、
 
キールガード用のSUSを思い出しました。
 

船底のセンターキール(正確にはスケグ)をガードするための
 
SUSの板の取り付けです。
 
 
 
 

 
じつは、進水式の次の釣行で、あることに気が付きました。
 
今回は、完全トレーラブル仕様をめざしましたので、トレーラーを沈めて、
 
ボートを浮かべたら、岸壁に係留して、車を駐車場に移動し、
 
そこから改めて離岸するつもりでしたが、
 
船が軽いために、トレーラーから離れて浮かんだ後も、
 
簡単に手で制御できてしまうことに気が付いたんです。
 
それなら、わざわざ係留したり離岸したり、しち面倒なことをせずに、
 
スロープにがさっと乗り上げて固定する従来のカートップクラスのやり方が通用するなと。
 
この時、試したので、傷がついてしまいましたが、SUS板を当てれば大丈夫^^
 

 
この傷がついた部分こそ、スロープに乗り上げたときに擦過する場所です。
 

 
風のない日は、スロープに引き上げることが簡単にできるならば楽勝ですから、
 
キールガードをつけるべきですね。
 

 
SUS板に穴をあけて、皿タッピングのねじの頭が面一になるように、
 
慎重にφをあげていって、最後に大径ドリルで厚さの半分削り取りました。
 
船底のカーブに合わせて手で曲げて、強力両面テープで張り付けた後、
 
ドリルで下穴をあけ、シリコンを詰めて、タッピングで止めるだけです。
 

 
できあがりましたが!?
 

 
おおっと!ジャッキで持ち上げようにも、トレーラーのフレームが邪魔をしてしまいます。
 
 
 


 
以前ならドーリーがあるので、左のようなことができましたが、
重くてびくともしません^^;
 
それで、次回、海に浮かべたときに、右の状態で
 
施工することにいたしました。
 
 
 
ブログランキングへのお帰りはこちらです。ありがとうございました^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 

 
 
 

コメント

フェアリ

No title
僕も頑張ってまだまだやりたい艤装をやらないとって思ってます(笑)

保管してる場所が今一スペースの関係で一人では下ろせなくて
中々気軽にってのが巧く出来ません。

週末三連休に想太と今年最後の釣りに行こうと思ってます(笑)いよいよ、本腰入れてお受験まで僕も釣りは禁止かなぁ~(爆笑)

五目漁師

No title
これも楽しみの一つですね。
結果的には艇体完成時にやっておくと良かったんでしょうが
取り付け時に潜りこむと海水が来ないですか?

スロープ上で横方向に力が加わわると少し心配ですね。
素人考えです。

Takeru

No title
私は船底に穴開けるのちょっと怖いです
まあ慎重にやれば大丈夫なんでしょうけど(^^ゞ

天海船長

No title
天海は前オーナーが付けたズリが付いてます・・・
お陰で回転は落ちたようですが^^;

pf1**963

No title
新艇に生傷つけて当たり場所を察知するとは
飛竜さんらしい荒療治ですよ!やいやい(笑)
今日出撃して洗いの時に、キールガードの一番後ろのネジが
グラグラで今回気が付かなければ次回奉納→入水するところでした(汗)明日補修しますね(^_^)v

ハ~さん だァ、チュ~の!

No title
だよね~~~。やっぱり擦れちゃうか・・。重いし気を付けて作業してください。

たけちゃん

No title
色々自分で艤装できるって楽しいでしょうね。
僕はほとんどつついた事ありませんので、
かなり羨ましいです。

htb**sjr*919

No title
フェアリ船長、パーフェクター11のいいところは砂浜からも

楽々エントリーできるとこなんですよ。

絶好の条件の漁港スロープは使えないところが大半ですが、

私が出張がてら見たところ、垂水周辺だって、

ひょいと出せるところはありそうでしたよ。

じっくり足元を見ることです。

htb**sjr*919

No title
五目漁師さん、目覚ましい活躍、おめでとうございます。

まさに、あの時に申しあげたように、実力です。

ご推察の通りです。

作るときにやっておくのがベストなのですが、

湘南の社長も年ですし、一人でボートをひっくり返すだけで、

体力を消耗しますから、大変だし、

注文したほうにすれば、

このオプションだけでもかなりのコストアップなので、

材料付けとくから、自分でやりなよって、

材料添えてくれたところが、親心ってやつです^^;

確かに引き波喰らって揺らぐと危ないですが、慎重にやります。

htb**sjr*919

No title
takeru船長、ふつうはそうですよね。

この船の場合、キールはしっかりしたFRPが厚くなっていますので、

タッピングが思うように効きます。

念のため、ドリル穴にシリコン入れて、締めこみます^^

htb**sjr*919

No title
天海船長、前のオーナーが船を愛していたから、

できたことでしょうよ。

ありがたいことです。感謝しましょう。

htb**sjr*919

No title
トモゾーさん、それは仕方がないことです。

考えると、長いキールバンドには様々な力が加わりますから、

どうしても、伸びたり縮んだりの力で、ビスが抜けたりします。

htb**sjr*919

No title
ハ~さん、厚くFRP盛ってあるんで気兼ねなく、

傷入れましたけど、やっぱり心配ですよー

しかしいいのあげましたねーさすが!

htb**sjr*919

No title
たけちゃん先生、船が大きく、重くなれば、

港に係留しなければならず、近ければ、艤装に出向いたりも

できますけれど、なかなかそんなこともできません。

ガレージに自分のボートがあり、釣りに行けない時には、

船を愛でる…ここが、キャリアブルの素敵なとこなんです^^
非公開コメント

htbnssjr1919

美味しい魚を求めて主に長崎県平戸方面やホームグランドの佐賀県唐津市呼子で四季の釣りを楽しんでいます。

大物に執着は無いけれど(ウソウソ! )ガソリン代1日千円で楽しめる軽量16F トレーラブルボートの楽しさを発信しています。

自分が釣行して釣ったような気持ちになっていただけるように、おバカな記事を動画を交えてアップしてゆきます。ときどき、ずっこけ記事もありますが応援してください^^;

リタイアも近いので、遊漁船業立ち上げ準備中です。その節は遊びに来てください!
m(__)m
https://htbnssjr1919.blog.fc2.com/

月別アーカイブ