鯛ラバでは釣れないと思う方必見!

 
この記事「いいね!」と思ったら
下の写真をポチおねがいしますm(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://fishing.blogmura.com/boatturi/にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
             
 
 
 
長崎県平戸の最西端モンスターゾーンへ浜明丸さんと遠征してまいりました。
長距離移動で非常に疲れて、日曜の遅くまで寝てました^^;歳だな・・・
 
凪の海面を2艇並んで猫まっしぐら!
 
 
見るからに、モンスターが潜んでいそうな風景です。
 

 
日本じゃないような奇怪な形をした山々が…
 

 
沖の島の姿もいかにも大自然ですね。
 

 
まさに幽玄の世界…
 

 
こんな場所で釣れないはずがありません。
 
そこで、今日は前からやってみたかった、鯛ラバ投入から釣り上げまでの連続動画撮影を敢行!リハーサルなしの一発勝負で見事に大物がヒット!
 
鯛ラバは、ほとんどの魚が子タコを喰っていたので、墨をイメージしたブラック系のスカートを使用。
 
ネクタイは、必ずしも必要ではありません。
なにしろ、墨を吐いて逃げるタコのように見せたいのですから。
 
決め手は蓄光タイプの蛍光シールです。強烈にアピールしますよ。
およそ百円ショップで釣り師にとって最も価値ある商品でしょう^^
 
 
スパンカーとデッドスロー装置でコントロールされていない遊漁船の場合、
船が流されるのが速いために、着底してもたもたしたら、根がかりしやすいので、
「早く上げろ!」が定説になっていますが、しっかり効くスパンカーがあるので私はそれほど気にしません。
 
そもそも、魚に見切られるなんて言う心配は全く要りません。
鯛ラバが動き出してからが勝負です。
 
なぜなら、タコの子供なんて、そこにじっとしてて、そこから驚いて逃げるときも、
それほど速くないのを潜って確かめているからです。
 
根魚は追いかける速度も遅いし、、距離がそう長くはないので、着底してから10回転近く(リョウガは1回転が86センチ)までは、ゆっくり目に巻きあげる方が断然いいようです。
 
ロッドをわきに挟んでしっかりホールドして、力強く、ゆっくりと巻きます。
 
そうすれば、バイトした瞬間が合わせになるわけです。
 
 

 
浜明丸さん撮影。
 

 

 
長距離航行の後なので、バラストはまだ空っぽ。なので、船首が上がっていますね。
 

この日、50センチオーバーのオオモンハタを釣り上げた浜明丸さんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浜明丸さんの近くにいるときにまたまた青物と間違いそううな大鯛がヒットしました。
 
 
いやー疲れましたが楽しい釣行でした^^
 
浜明丸さんありがとうございました。
 

↑↑↑↑↑↑
ランキングへのお戻りはこちら

ご訪問ありがとうございます。
この記事「いいね!」と思ったら
上の写真をポチおねがいしますm(_ _)m
こちらにも参加しています。
  
 

コメント

NOBUMARU船長

No title
素晴らしい所ですね!
一度はこんな場所で釣りをしてみたいものです。
動画も見ていて興奮しますよ(^◇^)

htb**sjr*919

No title
鯛釣り名人さん、およそ鯛釣りに最も優れた釣り方は、後にも先にも、鯛ラバであると感じています。

騙されたと思って、とにかく、ぽっとん、まきまきしてくださいませ^^

htb**sjr*919

No title
mantaさんはじめまして。

いつもありがとうございます。

釣り方指南なんて、めったにしたことはないのですが、たまにはお許しください^^;

パーフェクター13という船は、カートップボートの代表です^^

僅か50キロの船体なので、軽がる一人でカートップできます。

トレーラーに載せているのはむしろ少数派でして、スロープがない浜からでも出せるように、ドーリーも付けたままです。

最初は軽自動車一台分くらいの出費ですが、十分元が取れますよ^^

分からない事がございましたらいつでも聞いて下さい。

htb**sjr*919

No title
NOBUMARU船長、どーも^^/

いやーいいとこでしょ。ボート釣りされる方なら直感的に分かると思います。

毎回こんな贅沢な釣りはできませんが、たまにはね^^

動画楽しんでいただけて嬉しいです。

ノリ爆釣号

No title
綺麗な景色と海ですね~
こういう動画見ていると、簡単に釣れそうな気になっちゃいます(^^ゞ
カメラ構えて本当に釣っちゃうとは流石です^^

htb**sjr*919

No title
ノリ爆さん^^出来過ぎ出来過ぎ!

でかいのがかかっちゃって、テンパッテるのは本人でございますよ。

声に出てるでしょ^^;

潮が動き出したから、もしかして行けるかなーって思いながら始めたところがあの走りでビックリしましたよ^^;

まんたろう

No title
ボートの情報ありがとうございました。鯛ラバでの初勝利をめざし検討します。

aya*oto*07

No title
いつも良い釣りされてますね。
飛竜丸さんのアイデア取り入れて自作ルアー作りに励んでいます。

htb**sjr*919

No title
mantaさんどーも^^/

この遊びも奥が深いんで、迷ったら聴いてくださいね。

htb**sjr*919

No title
KYOさんお久でーす!

ルアーは釣りも、ルアー作りもどちらも楽しいですね^^

小粒の鯛ラバを岸から分投げて誘うのもいいと思いますよ。

kme*per

No title
はじめまして。
質問なのですが、ベートの種類関係なしにスカートは子ダコをイメージした黒のスカートを使用するのですか?
もしそうであればカラー考えることがなくなるので楽ですね!!

htb**sjr*919

No title
kme*perご訪問コメントありがとうございます。

ベイトによって、スカートはオレンジ、黒、白系・・・ネクタイもオレンジと白っぽいクリア系に替えていますが、両目のない真ダイも喰ってくるとこを見ると、色じゃなくて、波動に反応してるという説もありますね^^;

バスから入った人は色にこだわられますが、私はそれほどこだわっていません。釣れるからですが^^;

この日はたまたまネクタイが切られても釣れるんで続けていたんですよ^^

kme*per

No title
波動ですか!?
わかるような…わからないような。
いろいろ試してみます。
ありがとうございました♪

htb**sjr*919

No title
kme*perさん、上のご返事にさんがついてなくて失礼しました。

だいたい水深25メートル過ぎれば、漆黒の世界ですから、バス釣りのような色による差は少ない気がしていまして、だからこそ僕は蓄光シールのような明るさにこだわっています。

明るさ=温度・・・きっと反応すると思ったんです。

ねむねむ

No title
僕はこの考えの逆に、タイラバには鉛が必要なのか?
ち、ふと思うことがあります。
もし、天秤じかけにして釣ったらどうなるか?と。どうなんでしょう?

htb**sjr*919

No title
ねむねむさん、その着眼が凄い!

その通りなんです。

軽い30gなんかでやると、遊動式だと、シンカーが先に沈んでラバー

の部分ってのは抵抗があるから、シンカーが一番先で、リーダーが

Vの字のようになって沈んで行くみたいなので、フォール中によく

ヒットしてきます。

玉の部分より、びらびらが好きみたいです^^;

ねむねむ

No title
あ、記載する記事間違えてましたね(笑)
そう、ビラビラとするとイカやタコでは無いということに(@@;)
あと、丸い錘とマウスリンのような船の形状では食いが違います。
船の形状は潮の流れがある時に有効とお思いますよ。
飛竜さんを見るところ、丸い鉛でしか釣ってないようですが、マウスリンのような形状でも是非お試しあれ!

それと、昔しテレビでびらびら部分を30cm以上つけて釣ってるテレビがありましたが、これってどうなんでしょう?

htb**sjr*919

No title
ねむねむさん、マウスリン初めて見ました、可愛いですね^^

テトラや岩礁の隙間をネズミのようにすりぬけて、魚を誘うことでしょう。よくできてます。

比較的軽いシンカーで、フォール重視のルアーは浅場では効果絶大です。

スプーンに近い、オバルジグなんかもキラキラ揺れながら沈むので、上を見つめて餌を待ってる浅場のロックフィッシュにはたまりませんね^^

私たちのように、ボートで沖に出て、水深50前後となると、

着底を待ってると、手返しが効きませんので、水流の中でいかにアクションさせるかが大事です。

長いびらびら…そういえばまだ試してないですね。

一度やってみますか^^

ねむねむ

No title
飛竜さん
マウスリンの小さなサイズではなく、鯛バージョンの方ですよ。
これ、
http://damiki-japan.com/01_damiki/03_mausurin/mouselin-tai.html

htb**sjr*919

No title
ねむねむさん、失礼しました^^;なるほど、なるほど・・・

これはインチクとのハイブリッドタイプですね。

こいつの海底での動きに興味しんしん。

今度授業料払ってみます^^
非公開コメント

htbnssjr1919

美味しい魚を求めて主に長崎県平戸方面やホームグランドの佐賀県唐津市呼子で四季の釣りを楽しんでいます。

大物に執着は無いけれど(ウソウソ! )ガソリン代1日千円で楽しめる軽量16F トレーラブルボートの楽しさを発信しています。

自分が釣行して釣ったような気持ちになっていただけるように、おバカな記事を動画を交えてアップしてゆきます。ときどき、ずっこけ記事もありますが応援してください^^;

リタイアも近いので、遊漁船業立ち上げ準備中です。その節は遊びに来てください!
m(__)m
https://htbnssjr1919.blog.fc2.com/

月別アーカイブ