錆びて細った船台の補修工事 これで安心!

皆様のお声を励みに頑張っております!

下の写真をポチっとお願いします!

m(__)m

https://fishing.blogmura.com/boatturi/img/originalimg/0009775203.jpg
  


毎週のようにレストアや艤装に通っている飛竜丸です。
陸上保管って、船台の上の船に脚立で登って作業するのですが、船台の足が錆びて細っているので、
作業しててもぐらっと来そうで、そ~っと歩く感じで落ち着きませんでした。

DSCN1401.jpg

両サイドはしっかりしているのですが、船底のキールを支えるところが、ハンマーで叩くと錆がみるみる落ちてやせ細りました。

マリーナの親父さんに言って、補強してくれる鉄工所をお願いしました。

IMG_0467 (1)

街の鉄工所さんに来ていただいて、補強開始。
いとこと同じ姓だと思って尋ねたら、やはり親戚でした^^;
外津(ほかわず)や仮屋方面は母の里ですから親戚だらけなんです。

まずは錆びた土台をバーナーで切り離してきれいに除去します。

IMG_0466 (1)

IMG_0468 (1)

IMG_0469 (1)

きれいに再生されました。


マリーナのオーナーさんが新しい骨材で溶接が終わって防錆塗装が済んだ後、當木(あてぎ)の調整をしてくれます。
IMG_0471 (1)

これはクレーンを操作する人にしかわからない力配分。
木材を12ミリの木ねじで船台にラチェットレンチでねじ止めした後、
鋸目を入れてノミで削って何度か船を載せて見ながら微調整…

IMG_0472 (1)

見事!ばっちりしっかり船を支えてくれるようになりました。

これで安心です。

コメント

非公開コメント

htbnssjr1919

美味しい魚を求めて主に長崎県平戸方面やホームグランドの佐賀県唐津市呼子で四季の釣りを楽しんでいます。

大物に執着は無いけれど(ウソウソ! )ガソリン代1日千円で楽しめる軽量16F トレーラブルボートの楽しさを発信しています。

自分が釣行して釣ったような気持ちになっていただけるように、おバカな記事を動画を交えてアップしてゆきます。ときどき、ずっこけ記事もありますが応援してください^^;

リタイアも近いので、遊漁船業立ち上げ準備中です。その節は遊びに来てください!
m(__)m
https://htbnssjr1919.blog.fc2.com/

月別アーカイブ