先日の機関停止の原因究明修理完了!

皆様のお声を励みに頑張っております!

下の写真をポチっとお願いします!

m(__)mhttps://fishing.blogmura.com/boatturi/img/originalimg/0009775203.jpg

前回の出撃で、出航後3分でバスーンとエンジン停止!
だいたいこんな場合、燃料フィルター内の燃料を使い切ったから止まるケースが多いですよね。
なので、プライマリーポンプで燃料を送って、セルの元気がないので、リコイルで再始動・・・
しばらく回るのですがプスンと止まります。(日頃の行いが悪いからじゃ(-∀-) 

(焦ってリコイルスターター何度か引っ張ると、汗が吹き出しますな^^;)
凪だし、近くに仲間が浮かんでいるし、補機もあるのでそれほど焦りませんでしたが、安全優先
補機を使って引き返してホゴ丸さんの船のお世話になって釣りして帰りました。

①まずは燃料系を疑います。

DSCN0925_R.jpg

フィルター内に燃料はきっちり入っているし、プライマリーで送り込んでもちゃんと流れてます。
一応、無罪放免。

②電装系を疑ってみます。

DSCN0931_R.jpg

犯人はこいつのようです。
バッテリーターミナルが潮を吹いたようになってから、磨こうと思いつつサボっていたものですから、
銅の表面に化合物の膜ができていて、通電を妨げていました。
今考えればエンジンが止まる時に魚群探知機も瞬きして落ちたのでした^^;
何度かエンジンがかかったのは通電不良でも時々接触していたからでしょう。

DSCN0934_R.jpg

荒めのペーパー常備して時々掃除しなきゃですね^^; 接点復活剤もスプレーしたらセルも元気に回って、一発でかかるようになりました。

フラッシングも兼ねて、再度燃料系にも問題がないかエンジンを回してみます。


DSCN0929_R.jpg

よしよし、快調!
このエンジンって、リコイルでも使えるもんだから、バッテリーが原因だとわかりにくいんですよねー
フラッシング中にバッテリーのターミナルを外すと、やはりボトッ!っとエンジンが停止しましたから間違いないですね。ドドリの原因もきっとこれです。

DSCN0928_R.jpg

補機は前回の帰りにフラッシングしたのでOK
でもどうやってフラッシングしたかといいますと、ヘッドホン型のフラッシングアダプターがないので、エンジンをかけて、給水口の片方を手でふさいで、もう片方の給水口にホースを当てるという荒業!よゐこの皆さんはマネしちゃいけませんよ^^

よし!これでいつでも出撃可能になりました。

コメント

ホゴ丸

原因がわかって良かったですね。
私のバッテリーもそろそろターミナルを磨かないと、、
私もあのあたりで止まったんでてっきり燃料系と思ってましたよ

Sai

お久しぶりです。
バッテリーのターミナルですか?沖で機関停止は焦りますね、一度燃料ホースが抜けていて突然エンジン停止したことがありますが、海の上では気がつきませんでした。
原因がわかって何よりですね。
私もバッテリーコード点検しておきます。

飛竜丸

判断を誤りました
ホゴ丸さん、あのあたりの場所はお互いに数回トラブルに見舞われた場所だし、
魔物が棲んでますね^^

このトラブル前に行ったときにも一回止まったんですが、てっきり燃料系と思い、

ポンプ握りすぎて、オーバーフローしたことがありましたが、原因がはっきりしてすっきりしました^^;

飛竜丸

Saiさん、どーも^^/
Saiさんだけではどなたかよくわからないんですけども・・・^^;

何はともあれ、海上の故障って、ドキッとしますよね。

できればアドベンチャーは勘弁してほしいですね。

バッテリーターミナルは、肝です^^
非公開コメント

htbnssjr1919

美味しい魚を求めて主に長崎県平戸方面やホームグランドの佐賀県唐津市呼子で四季の釣りを楽しんでいます。

大物に執着は無いけれど(ウソウソ! )ガソリン代1日千円で楽しめる軽量16F トレーラブルボートの楽しさを発信しています。

自分が釣行して釣ったような気持ちになっていただけるように、おバカな記事を動画を交えてアップしてゆきます。ときどき、ずっこけ記事もありますが応援してください^^;

リタイアも近いので、遊漁船業立ち上げ準備中です。その節は遊びに来てください!
m(__)m
https://htbnssjr1919.blog.fc2.com/

月別アーカイブ