スモールボートにおける荒れた海での対処法について

いつもありがとうございます。
皆さまのお声を励みに頑張っております。
下の写真をポチっとおねがいします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





 

皆様のコメントへの返信が遅れて申し訳なく思っております。

私、飛竜丸めは、還暦を過ぎて、人生最後の開業プロジェクトを何とか乗り切ろうと、かなり無理をしております^^;一人仕事にはめっぽう強いと自負している私なのですが、長となって一つの拠点の運営に全責任がかかってくるとなりますと、ブログをご覧の皆様ならわかるとおり、おバカですからいささか頼りないのです。

「指揮官は常に正面中央に立て!」と、若いころ訓練されたことだけを頼りに、日々なんとか生き抜くのがやっとです。

疲れて考える力が低下したなと思うとき、孤独になって自身と向き合うことの重要性を感じます。

どうせお盆だし、相手がいないんだから、休んじゃえ!と、2日ばかり休みました。

こんな時は寝て休養を取ったほうが良い。と気遣ってくれる方もいます。そのとおりなんですが、昼間寝てしまうと昼夜逆転しそうで・・・飛竜丸にとって、最大の癒しは海に出ること。



うねりがあることは予報からわかっていました。
(よゐこの皆さんは絶対にマネしないでくださいね。)
パーフェクター16フィートに一人乗りだからできることなんですから。



海面は穏やかなのですが、おおきなうねりが・・・



そこへ風は吹き出すと、不穏な波が・・



釣りもそこそこに、安全なうちに帰投します。



かなりのうねりがある中、安全な4000回転以下で、少しバウ(船首)を上げ気味に、うねりの谷間をタッキングしながら駆け抜けます。こんな時はまっすぐに目標の港へ向かおうとせずに、波に逆らわず、波と平行に進むと割と安全です。



打ち下ろす波に対して、平行に進みます。船首を上げ気味なのが分かりますか?



波頭が砕けた波が船の横っ腹を叩きますが、パーフェクター16の波返し性能のおかげで怖くはありません。



不意に意図せず、思わぬ方向に船が傾くと怖いので、スパンカーは縮帆します。



大きな波がやってきても、スピードを出しすぎなければ、ゆっくり乗り切れます。



釣りもままならないので、港近くの安全な場所で、クエとフエダイをお土産に釣りました。




荒天時の操船、それも、スモールボートに限って言えば、「ゆっくり帰ること」につきます。船首から波の谷底に突き刺さるようなことにさえならなければ、生きて帰れます。スピードを出しすぎないことです。スピードを出さなければ、ハンプの状態なので船首が自然に上がります。この状態でスピードコントロールして、波の背中にへばりつくのが理想ではありますが、うねりはだいたい時速30キロ以上ですから、そうもいきません。うねりに追い越されながら、お尻を持ち上げられるサーフィング時に調子に乗ってスピードを上げすぎないことです。ここでバランスを崩すと、ブローチング状態となって、巴投げを食らいます^^;

荒天に見舞われた時の対処法を話しましたが、皆様はくれぐれも、予報を十分に確かめて、安全航海をお願いしますね^^

こんな釣り具たちを見ると、ついほしくなりますね。↓



いつもありがとうございます。
皆さまのお声を励みに頑張っております。
下の写真をポチっとおねがいします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓






 

コメント

guc*h*n5

No title
うねりを背から受けて航行するときは、FRPボートはゾクッとする恐怖を感じる事があります。速度か出ていて斜め後ろからのうねりだと、ボートが転覆するんじゃないか、と。こればっかりはゴムボートの方が安心して操船できますね。
いずれにしろ、安全マージンを十分確保して操船することが大切ですね。

yam**anerve

No title
おはようございます😃
自分も一旦目的地を目指しましたが、連れもいましたし、安全第一で島影に避難しました。
波が収まりそうもなかったので、一旦陸に上がり、別の海域に挑戦しましたが、こちらは赤潮の影響か、当たりは無く、アジゴを釣って帰りました。
無事に帰れれば、またチャンスがありますからネ。
でもアラは羨ましい!

北遊人

No title
一度天候が急変して、波間に落ちながら帰港したことがありました。
クーラーに腰かけていられないような状態でした。
他の船は近くの港に逃げ込んでいたようです。
強風が止んでそれから風向きが変わっての強風でした。
風が止んだら逃げなければならないようですね。

サトやん

No title
アニキご無沙汰してます~
写真でも波が高いのがはっきりわかるから、すごい状況やね
次は、動画でお願いしますわ~

htb**sjr*919

No title
> guc*h*n5さん,さすがにインフレータブルから乗り継いで来られた方の名言です。

荒天の海で最後まで浮かんでいられるのは、ゴムボです。

しがみついていられさえすれば、一番安全な乗り物です。

強烈な流れに乗って運ばれて、干出岩の上の水柱高く上がる所を、ひょいと超えた経験があります^^;

htb**sjr*919

No title
> yam**anerveさん奥様連れだったので、途中で引き返されるのを知っておりました。

二人乗りでは厳しい海況でしたからね。

出撃ポイントを変えてもう一度トライするという発想がなくて、私は今まで一度の経験もないのですが、それもありだと思いました^^

htb**sjr*919

No title
> 北遊人さんも長い釣り経験で急な荒天を経験されたんですね。

なかなかないのですが、竜巻が起こるような天気ですと、平穏な海から突如として荒れ狂うことがあります。

こんな時もビビらないで、これだけ守れば帰れるというものを知ってほしかったんです。

htb**sjr*919

No title
> サトやん元気にしとるか~

夏に弱い子やからの~

今度の現場で知ったけど、マキタのリチュームイオン電池でファンの付いた作業服が大流行やね^^

あれさえあれば大丈夫なんとちゃうの?

ご無沙汰はこっちの方や。すまんのう。
非公開コメント

htbnssjr1919

美味しい魚を求めて主に長崎県平戸方面やホームグランドの佐賀県唐津市呼子で四季の釣りを楽しんでいます。

大物に執着は無いけれど(ウソウソ! )ガソリン代1日千円で楽しめる軽量16F トレーラブルボートの楽しさを発信しています。

自分が釣行して釣ったような気持ちになっていただけるように、おバカな記事を動画を交えてアップしてゆきます。ときどき、ずっこけ記事もありますが応援してください^^;

リタイアも近いので、遊漁船業立ち上げ準備中です。その節は遊びに来てください!
m(__)m
https://htbnssjr1919.blog.fc2.com/

月別アーカイブ