やはり、強い竿受けが欲しい…

いつもありがとうございます。
皆さまのお声を励みに頑張っております。
下の写真またはテキストをポチっとおねがいします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



冬の寒い時期は青物一発当たればいいですが、なかなか渋い日が続きますね。

この時期に釣果を安定させようと思ったら、子鯵の泳がせだの、カゴ釣りなどの

餌釣りもありがたいもんです^^

そこで、2年前のやはり2月、こんなことしてつけたチビラーク・・・


釣りに行けないこの時期はやはり同じことを思うんですね。
しかし、この小型のラークをタッピングで止めただけでは、こんな大物がかかると、
頼りないのです。


そこで、前回はためらったPF13時代につけていた大型のラークに変更しようかと…



クランプの開きが足りなくて、ぎりぎりなんです。



パーフェクターの特徴である周辺デッキの裏側には、浮力体になる発泡スチロールが
はまっているのですが、これのおかげでたとえ荒天に見舞われて、嵐の海で浸水し水船になっても、レベルフローティングが保たれるんです。どういうことかといいますと、皆さん小型ボートの二重底が沈まないから安全と思ってらっしゃるかと思いますが、荒天でもしひっくり返ったら、茶碗を伏せたように船底が上を向いて、ひとが取り付く島がなくなります。ボートは沈まなくてもこれで遭難しやすいのです。

レベルフローティングとは、海水面のバスタブに浸かったかんじで人がボートの中で守られながら浮いている状態です。これがサメに襲われることもなく、救助を待つには最適なのです。

しかしこの大切な浮力体を切り欠かないとクランプが効かないので思い切ってざっくり!



発泡ウレタンで固定してあるので、思ったより難儀でした。



まあ、何とか一つ付きました。スモールラークも除去しようかと思ったのですが、
ライトタックルならば使うこともあろうかと温存。



ようし。これで、泳がせ、コマセ真鯛もOK

片方で電ラバ、片方でジギングの展開にもよし!

ああ、早く出たい!







いつもありがとうございます。
皆さまのお声を励みに頑張っております。
下の写真またはテキストをポチっとおねがいします
m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


コメント

ホゴ丸

No title
でかいラークいいですね。クランプ2個ですか?私のはダイワの小さいやつで前回、アジの泳がせの時、マゴチに持ってかれそうになりました。今は竿受け本体を加工し
ビスで何箇所も止めてます。

北遊人

No title
遊漁船ですと船べりにベースが取り付けてあるので、それに竿掛けの上部だけを取り付けます。
そのような加工は難しいのでしようか。

htb**sjr*919

No title
> ホゴ丸さん、実はカートップから、小型のトレーラブルまでは、悩まされる問題なんです。

最大のコンシュマーは、遊漁船で沖釣りなさる方々ですから、メーカーも、チビがあればいいんじゃないの?

ってな感じなので、仕方ないですね。

我らは自助努力!艤装に脳みそを絞って対応するしかないんですよ^^

htb**sjr*919

No title
> 北遊人さんがおっしゃっているのは、スライドロック型の竿受けのことでしょうか?

あのタイプは比較的最近登場したような気がします。

私がこれらを買った時代は、クランプ方式が主流でありまして、なかなか選べないものでしたね。

pf1**963

No title
考えていますね!
これならサメでもイルカでもクジラでもバッチ来いっすね 冗談ともかく、自分も今の竿受けが壊れたらどうしようか考えちゃいますよ。カートップだと固定ってわけにはいかないですもん(>_<)
非公開コメント

htbnssjr1919

美味しい魚を求めて主に長崎県平戸方面やホームグランドの佐賀県唐津市呼子で四季の釣りを楽しんでいます。

大物に執着は無いけれど(ウソウソ! )ガソリン代1日千円で楽しめる軽量16F トレーラブルボートの楽しさを発信しています。

自分が釣行して釣ったような気持ちになっていただけるように、おバカな記事を動画を交えてアップしてゆきます。ときどき、ずっこけ記事もありますが応援してください^^;

リタイアも近いので、遊漁船業立ち上げ準備中です。その節は遊びに来てください!
m(__)m
https://htbnssjr1919.blog.fc2.com/

月別アーカイブ